PAPER TIGER Z

やっぱりだらしない日記。

きたよー




f:id:kurosuke023:20080809101321j:image
というわけで買っちゃったよDS-10。公式ガイドも買っちゃったよ。
DS-10は、いわゆる「シンセ」と呼ばれる電子の楽器です。
シンセでは、音の波を構成する値をツマミで調整することで、
1から音作りをはじめます。
それがわかる動画が下記です。公式動画です。

この動画の中で、「キックできたよー。」「スネア完成ー!」という言葉が
聞き取れると思います。これがまさに音を作っている最中ですね。
こうやって、いろんなツマミをいじって音を作り出すのが、
シンセの醍醐味なんだとか。


起動して編集画面を開くと「プップッ」と音が聞こえてきます。
これが、初期の音色のようです。
ちゃんとした音を出そうとすると、なかなか敷居が高い思ったのですが、
解説書を見ると意外と簡単なことがわかりました。


音の元になる「三角波」「ノコギリ波」「パルス波」「ノイズ」の
4種の波がございまして、これらの音を2つ選んで、
二つの音波の分量のバランスを設定すれば、電子音「プップ」から
なんとなくいい感じの「でぇーーーん」になりました。
おおーすげぇ。
後は音の音色を変えるフィルターと、EG等をいじると
「でぇーーーーん」から「どぅええぇーーぇん」に。
・・・なんか違うな。
あとは、直感に任せてツマミをいじりまくってたら
「でぃえぃえぃいいいぃぃぃん」
あふ。


音色ができたら、後はメロディーです。
くろすけは、メロディーラインとかそういう理屈がよくわかってません。
そんなときはカオスパッドいいかんじです。
タッチペンをこすればその座標の位置で、
ツマミをいじって音色を調整するのと同様の効果で、
リアルタイムで音色を変えることができます。
同様に、メロディーにリアルタイムにクセをつけることもできます。
理屈がよくわからない時とか、メロディーが決まらないときは、
カオスパッドが便利に感じました。


公式ガイドもせっかく買ってあるので、コレを読んで早速曲作りです。
納得のいくものができたらそのうちアップしようかとおもいます。