読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PAPER TIGER Z

やっぱりだらしない日記。

SH-04Aのイベントに行ってきました

携帯電話

SH-04Aも無事発売され、
20日21日に秋葉原のヨドバシにて行われたSH-04Aのいべんとにいってきまして、
べったべたべったべた触ってきましたよ。


○タッチ具合について
動作がちょっともたつくので、押しても反応しなかったり連続で入力されたり、
使い手は機器のレスポンス速度を配慮した操作が必要。
いわゆる「慣れが必要」といった感じです。
というか、今までと完全に違う操作方法なので、電源キーを入れた後で
きっとどうすればいいのか迷うでしょう。
それも、「慣れが必要」なんです。
ただ、なれたときの使いごこちは気持ち良いんじゃないでしょうか?
説明のおねぇさんが、「こうやるんですよー」と画面を斜めに切る動作をすると、
見たことないないめにゅーが。姉さん・・・どんだけやりこんでんだ・・・?
アイコンも人差し指サイズに大きく、しっかり押せていいかんじです。
タッチの反応も、ソフトバンクのオムニアよりかは快適なんじゃないかと。


QWERTYキーボード
これに関してはすごく良かった。やっぱり打ちやすい。
Aの列がちょっぴり右よりで、自分は打ちにくかったけど、これも「慣れが必要」ってかんじ。
説明のおねぇさんが、「実はこうするとこうなるんですよー」と
私も動作を真似たらびっくり。入力した文字がローマ字→英字と切り替わってるじゃありませんか。
その他、コピペ機能など、キーボードショートカットも盛りだくさんらしい。
こりゃ便利!・・・やっぱ姉さんすげえよあんた・・・。
これ入力慣れたらもう抜け出せないわ。


ちなみに、キーボード畳んで、仮想キーボードを表示させ、
「これ、タッチでも文字入力できるんですよね?( ゚Д゚)」と聞くと、
「あーモスいきてー・・・」
「ちょwwwおまwww(; ゚Д゚)」
これに関してはあまり触れてほしくないそぶりでした・・・


○アプリ
アプリは結構遊ぶので個人的には重要な検討要素だったりするのですが、
案の定、仮想キーによる操作となります。
がしかし。240*240のアプリであれば、QWERTYキーボード開いてそこの方向キーで遊べます。
それ以外は横にしようとしても、絶対縦表示になるようです。
そうなると、仮想キーとアプリの画面がかぶり、
スンゲー見にくかったです!
なんにせよ、横持ちもちょっと無理があるので、アプリ大好きっこは当然向きません。
そこは慣れなんでしょうか?


○総評
一日も触っていないくせに総評もへったくれもありませんが、
この機種に関しては、慣れが相当必要なのではないかと思いました。
処理によってはレスポンス速度が異なるので、調子付くとミス操作が目立ちそうです。
がしかし、タッチ操作はやっぱり楽。ぽんぽんと操作が進むので気持ちいい。
説明のお姉さんも前準備の徹底振りがもう見事で、
SH-04Aは普通のケータイと比べてここが優れているんです」と、
丁寧に教えてくれた操作方法は、もうほかのケータイなんて持てないぐらいべんりそうで、
実はかばんのなかに仕込ませておいたお財布やハンコを思わず出してしまいたいぐらいでした。
あの営業トークは良いなぁ。勉強になるわ。


・・・というぐらい、あのお姉さんはすごかったのです。




以上、ファーストインプレッションでした。