PAPER TIGER Z

やっぱりだらしない日記。

iphone 4 レビュー

f:id:kurosuke023:20100712012522j:image


なげえよ。熱く語るよ。

というわけで、iphone4も使用して2週間たったのでレビューおば。
今回もカテゴリ別で評価していきます。

■デザイン

背面が平らになり、側面がステンレスのメタルバンドと、
見た目が本当にかっこいいです。今回のデザインはかなり好み。
ぶっちゃけ、3GSまでの背面の銀色はうわぁ・・という感じだったので。
よくこの形になってくれた!といった感じです。
背面が平らになったので、保護シートが背面に晴れるようになり、
裸で持ち歩けるデザインになったのは、まさにあっぱれ。
suicaを背面に忍ばせるケースも、4のデザインであれば、
省スペースで抑えられそうですね。


とにかくスマート。

■ディスプレイ

f:id:kurosuke023:20100712012409j:image
(左が3GS、右が4)


人の目視できるドットピッチを超えたスペックを誇るretina(網膜)ディスプレイは
まるで紙に印刷したよう・・・ということで、
写真や、youtubeなどでHD画質で配信されている動画も、細かく鮮明に表示されます。
ほんとに細かく、綺麗。
一方、今まで3GS以前の解像度で作られたアプリに関しては、
少しぼやける感じで表示されるのはちょっと気になるかも。

■動作

CPUはipadとおなじA4チップを搭載しています。
とはいえ、3GSでも動作はもともと速いため、
どちらかというと、写真の加工や、
ゲームのロードの時など、その力が顕著に出るようです。
あと、寧々さんもipad並にヌルヌル動きます。ぬるんぬるんです。
そういう意味では、3GSとの差を感じますね。(ぇ



■カメラ

500万画素のカメラを搭載し、さらにフロント(内側)にカメラ、
LEDライトによるフラッシュがつくようになって、
暗いところではフラッシュ撮影ができます。(あんまり使わねぇけど
カメラに関しても大きな進化を遂げたと感じます。
白い壁を撮影すると青いムラ、通称「青カメラ」の不具合があります。
なので、あまりそういうシチュエーションでは
撮影しない方がいいと思います。
facetimeに関しては、使ってないのでよくわかりません。
日本人はあんまり使わない気がする。


ぶっちゃけ、ブログ用の写真はこれで事足りますな。


■バッテリー

また容量が増えてだいぶ電池のもちが良くなりました。
移動が激しい日は帰ると30%だったのが4は同じ距離の移動でで60%ぐらい残量がありました。
解像度が4倍になったりして処理も多いはずなのに、、差し引いても若干増えてるぐらいに感じます。
3Gに比べると、結構な持ちらしいですね。


普通に持ち歩く分には、一日で電池が切れることはなさそうです。

■総括

というわけで、iphone 4の2週間触ってみたレビューでした。
使い勝手は従来のものとほぼ変わらないため、
iOS4の機能に関するレビューは、あえて行なっていません。
でも語るべき点はそこではなく、ハードウェア面でのアップデートに尽きます。
スマートになり、画面が綺麗になり、電池が持つようになって、
カメラにLEDライトがついた。
従来iphoneユーザーはヨダレものです。


ただ、上記で語ったとおり、別のところで弱点も増えました。
アンテナを塞ぎやすいデザイン。ディスプレイにシミ。青カメラ。
しかもどれも致命的・・・。特に後ろの二つ。
ドット欠けと一緒で、一度気にしてしまうと、ある間はずっと付きまとうこの残念な気持ち。
一見すごく魅力的なiphone4ですが、不具合という罠も潜んでいるわけです。
それが許せれば買えばいいし、許せないのであれば様子を見たほうがよさそうです。


ただ、アンテナ問題を認めて、液晶、青カメラに関してはアップルも知らんぷりなので、
今後の改善は行われないかもしれませんね。