PAPER TIGER Z

やっぱりだらしない日記。

トイカメラアプリ「Hipstamatic」がすごい!

「Hipstamatic」という、iPhoneトイカメラアプリがやばいです。
とにかくカスタマイズ性に優れていて、
レンズ、フィルム、フラッシュを自由に組み合わせて、
状況に合わせて写真を取ることができます。
後編集機能がきかないので一発撮りという、リアルを突き詰めているアプリです。


だから、「今日は青空がキレイだからフィルムは◎☓で〜」とか、
「赤みを表現したいからフラッシュは☓△で〜」
みたいな感じでパーツ選びの楽しさをiPhoneの画面でできるわけですよあなた。
なにより、カスタマイズ画面でパーツの付け替えで「カチャカチャ」とSEがなったり、
フラッシュをたくと「チュイーン」ってSEがなる演出がありますので、
ほんとにカメラいじってるみたいで凄い楽しいですよ。
わざと音ならして人に聞かせたくなるくらい。


ちなみに、画質とは関係しませんが、カメラの外観も変えることができます。
気分も大事ですもんね。


ただ、
それぞれのパーツにはそれを使用したときに、
それを使用したからといって、どういった見た目の写真が撮れるのかは
実際撮影してみないとわかりません。
前記に申し上げてるとおり、一発撮り仕様なので後編集もすることができません。
パーツ単体の詳細画面で写真のサンプルを見ることができるのですが、
結局、レンズ、フィルム、フラッシュの組み合わせで
さらに見た目違ってくるので目安での確認になってしまいます。
なので、練習が必要です。


実は、この練習させるところが「Hipstamatic」の本当に凄いところで、
撮った写真は設定も込みで保存されるので、
過去に撮った写真と同じ設定で撮りたいときは、設定を再利用することができるのです。
ただ単に練習させるのではなく、ちゃんとノウハウが溜まるよう設計されているのは凄い。
よく使う設定は、お気に入りに保存してワンタッチで読み出すことも可能です。
そうやってだんだん自分だけのカメラアプリに進化していくわけですよ。


もし、パーツを一個ずつチョイスするのが面倒なら、
iPhoneを振れば、ランダムにパーツが装着されます。
それでいい感じに写真が取れたら設定を保存すればいいし、
もうちょっとテイストにこだわりたければそこからパーツの微調整するのも良いです。


さらに、レンズ、フィルム、フラッシュはアドオンとして
追加購入することができ、新しいアドオンも続々と出ているようです。
複数のパーツと抱き合わせ販売だからお得ですね。
操作に慣れてきたら、観て回るのも良いとおもいます。


InstagramをはじめとしたあらゆるSNSへの投稿もこのアプリから直接投稿することが可能です。
その際にカメラの設定をハッシュタグをつけて投稿できるので、
上手い人の設定もパクれることもできます。
海外の人もHipstamatic経由でたくさん投稿してるので、
外人さんからいいね!をもらえることも多くなった気がします。


f:id:kurosuke023:20121008151117j:plainf:id:kurosuke023:20121008120330j:plainf:id:kurosuke023:20121008000418j:plainf:id:kurosuke023:20121008011325j:plain


というわけで、iPhoneでカメラいじりが気軽に楽しめる「Hipstamatic」でした。
iCAとの相性もバッチリですよ!