読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PAPER TIGER Z

やっぱりだらしない日記。

dtab01 購入

デジモノ 携帯電話


ドコモから販売されているタブレット「dtab」を購入してみました。
ちなみにローマ字で打とうとすると「dたb」。


楽しい!d( ^ω^)b


ドコモのスマートフォン回線があれば、なんと9,970円で購入できます。
しかも契約なしで。さらに端末の月額料金も発生しません。


楽しい!d( ^ω^)b


しばらく触ってみたので、特徴や気になったところを
ピックアップしていきます。



◆「dビデオ」の加入が必要


なお、9,970円というのは、スマホの契約の他に、dビデオという
月額525円の動画サービスに6ヶ月契約必須となります。
(期間に解約すると解除料として12600円かかります。)
それに入らないといけないというのが煩わしいのですが、海外・国内の映画やドラマが
月額で見放題であるのと、作品の数も豊富なので、サービス自体は悪くなくないです。


アニメを専門に扱うdアニメストア(月額420円)と一緒に利用しても
ほかのオンデマンドサービスと同額レベルだから結構お得ではありますね。



◆音楽・動画視聴に適した造り


本体にはステレオスピーカーが搭載されており、
audyssey」や「Dolby Digital Plus」などの音響技術が採用されている他、
ディスプレイも10.1インチと大きく、迫力があります。
ハードウェア側も動画視聴に特化しているため、
まさに動画を見るためにはうってつけのタブレットです。


実際、スピーカーから流れる音質も結構よくて、臨場感増して良いです。



◆普通のAndroid端末として利用が可能


初期設定だと、画面の右側にpaletteUIのバーが表示されるのですが、
もちろんAndroidタブレットなので、ランチャーアプリを変えれば、
普通のAndroidタブレットとして利用が可能です。
先ほど描いたとおり、動画視聴に特化しているので、
youtubeアプリや、ニコニコのアプリも大画面、高音質で楽しめます。


nasneにもつながるので、レコーダーテレビとしての完成度も高いですね。



◆まとめ


ドコモが放ったタブレットは、安いがために色々縛りはあるけれど
それはドコモの動画サイトを最大限に楽しむための端末だったんや。
というのが、dtabの位置づけなのかなぁと。


そもそも契約の必要がないなら、ほかのnexus7などのwi-fiタブレットでも閲覧できるんでは?
と思うのですが、やっぱり対応機種以外は弾かれてしまうので、
dtabはドコモのサービスを利用が許された、特殊なタブレットなんだと思います。


ドコモユーザーで、手軽にタブレットがほしいという人には
結構おすすめかも知れません。




・・・とまあ、現状そんな感じでした。
また色々触ってみて、思うことがあったら続きを書いてみようと思います。
うぉえーん。