PAPER TIGER Z

やっぱりだらしない日記。

デイかき16日目特別編 「Jot Touch 4」で描いてみた




デイかき16日目。
今日はいつもと違ったデイかき。

ipad向けのタッチペン「Jot Touch 4」で絵を描いてみたというお話です。
※絵だけ見たい方はお手数ですが記事の一番下に移動してください。




■筆圧感知は2048レベル

Jot Touch 4はただのタッチペンではございません。
なんと「筆圧」を感知することができるタッチペンなのでございます。

筆圧とは、紙に絵や文字を描くときにペン先へ加えている力の事です。
例えば、筆で字を書くとき、強く押しこむように線を引けば、先が太く(強く)なるし、
逆に弱ければ線を細く(弱く)することができますよね?
・・・と言った感じで、筆圧感知機能を備えていないiPadiphoneでも、
このペンを使えば、お絵かきソフトとかで線の強弱を表現することができるんですね。
(※ただし、アプリ側が対応している必要があります)

ちなみに筆圧感知レベルは2048。
ワコムのintuosシリーズも2048。
スペックはある意味、プロレベルと言ってもおかしくはないかなと思います。


■アプリごとに機能が割り当てられるショートカットキー


また、ペンの横にある二つのボタンがショートカットキーとなっていて、
ソフトごとに機能を割り当てることができる便利ボタンです。
慣れてくると、作業スピードがどんどん速くなっていきます。
欲を言うともうひとつぐらいボタンあっても良かったかなと思えるくらい。
(※ただし、アプリ側が対応している必要があります)


■パームリジェクション機能でお手手の安寧

あと忘れちゃいけないのが、今回の目玉機能!!(と個人的に思います)
jot touch 4は「パームリジェクション機能」というものを備えております。
だいたいこういうタッチペンの宿命として、ペン先以外の手が画面に触れると、
誤作動を起こしてしまいがちでした。
このパームリジェクション機能というのは、そういった誤作動を阻止してくれる機能です。
(※ただし、アプリ側が対応している必要があります)

つまり、ペン先しか入力を受け付けなくなりますので、
画面におもいっきり手を手を作業することができます。
細かい作業なんかは、ものすごく助かりますね。


マルチタッチジェスチャー機能をOFFにしてから

ただし、パームリジェクション機能は、
iPadマルチタッチジェスチャー(4〜5本指でのアクション)の機能をOFFにしないと
手を置いた時にすぐマルチタッチジェスチャーとして認識されやすく、
この機能が便利なだけになかなか厄介です。
指6本ぐらいとかにすればいいのに。(無理か)


■全部の機能に対応しているアプリが少ない

あと、厄介なのがもう一つ。さっきから記載している
>(※ただし、アプリ側が対応している必要があります)
についてです。筆圧感知も、ショートカットキーも、パームリジェクションも
アプリ側が対応していなければいけません。
今ではだいぶ対応アプリが増えてきたのですが、
上記の3つの機能全てに対応しているアプリは、
公式の対応アプリ一覧ページを見る限りほぼありません。

http://www.princeton.co.jp/adonit/apps.html

これから増えていくとは思いますが。ね?メーカさん。


■ところでお絵かきは?

ということで、
今回はその中のアプリですべての機能に対応している
「ZenBrush」というお絵かきアプリでおたまちゃんを描いてみました。


このアプリは「筆絵」に特化したアプリだったのですが、
線の強弱のお陰でそれなりに味のある絵が描けるようになったような気がします。
シャーペンやペンよりも、こういう「筆」のようなツールだと、
このタッチペンの強みが大いに活かされる感じですね。


しばらく使ってみた感じだと、
iPadの中でイラスト制作が完結してしまう人は、待ちに待ったタッチペンだとは思います。
ですが、私みたいにiPadで下書きしてパソコンに移してから清書する人は、
iPadで絵を描く時点で筆圧とかはあんまり意識しないので、そういう方には
あんまりマッチしないかもしれないです。

ただ、パームリジェクション機能は今までのiPadでのタッチペンの問題点を
解消してくれた画期的な機能なので、ぶっちゃけ、この機能だけのために
今回購入に踏み込んだ次第です。

なので、たとえ筆圧やショートカットが対応が難しくても
この機能だけは積極的に取り入れてほしいと強く思いました。
MetaMoji社のNoteAnytimeとかね。オートリストガード使えねーよ。文字が消えるよ。



でも結局は、アップルがタッチペン対応のiPadを出してきたら、
それでもうすべて解決なんじゃ無いかと思いますけどね…。
アップルが頑固だからこういうアイテムが相次いで出てくるんだよね。