PAPER TIGER Z

やっぱりだらしない日記。

ラブライブ! School idol paradise


ラブライブ! School idol paradiseプレイしたよ。

うん。


ファングッズとして割り切れるならいいかもしれないね。

ちなみに私は、割りきれませんでした。
音ゲーとして評価するなら、コレはいけないものだ。

まず曲数が少ない。
今後はふえるかもしれないが。

処理落ちする。
これは致命的。

フルコンボなどの評価軸がない。
これもある意味致命的。

なんなんだこのゲームは!


ただ、このゲーム独特なのがステージ演出を操作できるという点です。
ステージに「ギミック」を予め設定して、ゲーム中に発動させることで
仕掛けが発動し、プレイを盛り上げることができます。
例えばスポットライト浴びせたりとか、紙吹雪を飛ばしたりとかそんな感じ。

遊んでいるうちにステージ演出が上達して、
あれやこれやギミックを組んだりするのが楽しくなってきます


なので、
おそらくこのゲームは「ステージを演出する」ということにフォーカスが
当たってるのだろうから、音ゲー要素にそこまで重みがかかってないんだろうなぁと
思いました。

そう、ジャンルに「ライブクリエイトアクション」って言ってるからには
きっとそうなんだと思う。


うん、
わかりにくいわ!



PS Vita用ソフト「ラブライブ! School idol paradise」PV 発売前編 - YouTube

これは、かねてからこのゲームのPVとして公開されている動画ですが、
このゲーム画面見たら誰だって音ゲーとして飛びつくでしょうよ!
音ゲーしながらステージを演出すためのステージを設営する
シミュレーションゲーム音ゲーって言おうぜ。
その言い方もわかりにくいけどな!



幸い、私は音ゲーではなくライブ演出ゲーとして楽しめたけど、
スクフェス楽しいからこれもきっとおもしれえんだろ?ってかかってくる人は
冒頭の理由で相当ショックを受けるかと思います。


流石にやってる人少なくて、
アドベンチャーパートのルート分岐の条件探しだすの苦労したぜ。。。
今後アップデートあるのかなぁ・・・。ぜひあってほしい・・・。

ラブライブ! HISTORY OF LoveLive!

ラブライブ! HISTORY OF LoveLive!